1. ホーム
  2. 出会い
  3. ≫フェイスブック デート機能でのマッチングが新しい出会いの場に

フェイスブック デート機能でのマッチングが新しい出会いの場に

facebook-logo

世界的なSNSのフェイスブックが独身異性をマッチングしてくれる「デート機能」を武器に、ついに男女の出会いツールに参戦することを発表しました。これはなにやら期待できそうですね!

そこで今回は

・フェイスブックの「デート機能」とはどのようなものなのか
・通常のフェイスブックの使い方と違うのか
・個人情報や安全性は大丈夫なのか

といった点をご説明していきます。

フェイスブックがマッチングに参戦するワケ

mark-zuckerberg

アメリカ フェイスブック(FB)のマーク・ザッカーバーグCEOは2018年5月1日にカリフォルニア州サンノゼで行われたF8デベロッパー・カンファレンスで、フェイスブック上で恋愛相手を見つける「デート機能」を年内に導入することを明らかにしました。

でもこれまでもフェイスブック(FB)がきっかけで交際が始まって結婚に至ったカップルはたくさんいるよね?

はい。でも今回発表したデート機能『FaceDate』は、FB側が「知り合い以外の異性をマッチング」してくれることで出会いの幅が広がるんです。

フェイスブックの調査によると、現在アメリカ在住の夫婦うち3組に1組のカップルがインターネットを通じて出会って(知り合って)結婚しています

この高い「ネット婚」率と、全世界のフェイスブック利用者のうち約2億人が「独身」と申請しているという事実から、「Facebookには長期的なパートナーを得ることを目的とするマッチング機能を確立するのに十分な能力とチャンスがある」と踏んで出会いの場を提供するサービスに乗り出しました。

スポンサーリンク

「デート機能」は通常のFBと何が違うの?~専用プロフィールから関心に近い相手をマッチング表示

facebook

そもそもフェイスブックはプロフィールを作成して登録すると、FB側がそのプロフにある居住地や出身校、生年月日、関心事などからあなたと共通項のある他のFBユーザーを「知り合いかも?」と紹介してくれます。そしてその人と「友達」になりたかったら「友達リクエスト」をして相手がリクエストを承認した場合に限り、初めてその相手との交流が生まれます。

フェイスブックの特徴

◆ 他のSNSに比べて学生時代など昔の友達とつながりやすい

この特徴から今までフェイスブックを通じて恋人や結婚相手を見つけたかたは、昔の知り合いや現在の友達の知り合いなど限られた範囲内で「友達リクエスト」してから交流を深め、交際がスタートするというスタイルがほとんどでした。

ですが、これはあくまで「友達」からスタートするので交際に発展させるまでにはある程度の期間が必要ですし、こちらが好意を持って繋がっていても、相手からは「そんなつもりで友達申請していません!」という場合もあります。

「デート機能」は出会いたい人専用アプリ

男女 スマホ

そこでフェイスブックは異性との交流の場を提供するために「恋愛に発展する出会いを求める人限定」のデート機能を作りました。

フェイスブックのデート機能の使い方

①プロフィールを作成
異性との出会いを希望するFBユーザーはデート機能に「参加」して、通常のフェイスブックプロフィールとは別のデート機能専用プロフィールを作成します。

②興味のあるイベントやグループに参加
「デート機能」内にある地域イベントやグループのページをチェックして自分の興味がある所に参加(アンロック)します。

③気になる異性をさがす
同じ地域のイベントやグループ内に参加している異性の中からFB側があなたに合いそうなメンバーをマッチングして表示してきます。そこで気になる異性がいたらそのユーザーをタップして相手のプロフィールを確認できます。

④メッセージを送り合って交流スタート
デート機能内にある「やりとり欄」から相手と文章での会話が可能になります(安全性の問題から画像や動画の送受信はできません)。

FB側はどうやってマッチングするの?

SNS

デート機能からイベント・グループに参加すると、その中からフェイスブック側があなたに合いそうな独身異性をマッチングして表示してくれるのはわかりましたが、どのような基準でマッチングするのでしょうか?

FBはユーザーの

  • 専用プロフィールの内容
  • 共通の関心事
  • 共通の友達

などのデータを考慮してそのイベント・グループ内にいる独身異性を比較、そのユーザーとの共通項が類似する相手をマッチングして表示してくれる仕組みになっています。

プロフィールの中には自分の好みのタイプも記入するようですし、相手と共通項が多いほうが気が合って話も弾みますから、このマッチング方法はいい出会いがありそうですね。

フェイスブックでのマッチング機能に参加するメリット

facebook

他のマッチングサイト・アプリや出会い系サイト・アプリと比較して、フェイスブックのマッチング機能のメリットは

①膨大なユーザー数からマッチングされる

2018年1月時点でのフェイスブック利用者数は世界中に21億人、そのうち2億人が独身だと自己公示しています。

日本国内に限定するとユーザーは2800万人、20代~40代の利用者がメインで出会いを求めている人にとっては嬉しいことに利用者の男女比にほぼ差がありません

facebookのユーザー

このうち独身の恋活・婚活男女がどのくらいいるかは未知数ですが、明らかに他のマッチング・出会い系サイトやアプリに比べるとメンバーはるかに多く、マッチングの精度も高いでしょう

②信頼性が高い

フェイスブックのもうひとつの特徴として、登録は本名(実名)がルールですし、経歴や居住地、リアルな友達関係もわかります。もし偽名を使った場合はアカウントを強制終了されることもありますし、使用中にトラブルが起きた場合などは身分証明書の添付を求められることもあります。

ですから今まで他のマッチングアプリや出会い系サイトで出会った異性の身元を調べるためにフェイスブックのプロフィールをチェックする人も数多くいるほど、フェイスブックには信頼性があります。

これだけ「マジメ」なSNSの出会い系機能ですから、少なくとも他のマッチング・出会い系サイトやアプリに比べると「なりすまし」や「サクラ」に遭遇する確率は低いでしょう。

③お見合いの要素も

フェイスブックでマッチングされる相手は「お互いの共通の友達」である場合もあります。こうなるとその共通の友達は実際には何も関与していませんが、お互いに知っている人が間にいることで「この人の友達なら大丈夫かな」と一歩先に踏み込みやすいです。

これが他の出会い系サイト等ですと、「この人は本当に信用して大丈夫なのかな?」と慎重になって疑ってしまいがちです。

この点はお見合い的な感覚が含まれていて、将来もし恋人や結婚相手になった場合にも共通の友人がいるので長期にわたって良好な関係を築きやすいでしょう。

④公言できるほどステータスのある出会い系

通常マッチングサイト系を利用していると、まだまだどうしても周囲の人に「出会い系サイトをやっている」とは言いづらいという人も多いと思います。

でも、フェイスブックなら企業や著名人も利用する社会的ステータスのあるSNSですから、そこでいい人が見つかったとしても、「フェイスブックで出会ったんだ」と公表するのも恥ずかしさは半減するでしょう。

⑤地域性の高い「イベント」

デート機能で参加するフェイスブックの「イベント」は、地域ごとのものが紹介されるなどコミュニティを重視しています。これならば出会いがあった後も「遠距離恋愛」になりずらく、実際のデートもしやすいので交流が深まりやすいです。

またコミュニティが近いと根本的な考え方や価値観も似ていることが多いので、ぶつかり合うことも少なく、長いお付き合いが期待できます。

フェイスブック上の友達に自分がパートナー探しをしていることがバレない?

専用プロフィールや関心事などからマッチングされるとなると、フェイスブック上の自分の「友達」とマッチングされてしまうんじゃない?

そうなると気まづいですよね

それに、自分が恋人を探していることが友達にバレるのも恥ずかしいなあ💦

そうですよね、でも大丈夫!FBのデート機能はあなたの直接の「友達」がデート相手の候補として選ばれることはありませんし、バレる心配もありません!

デート機能は通常のFacebookのオプションサービスのようなもので、デート機能に登録していないFBユーザーは例え友達であってもプロフィール等を全く見ることができません

先ほどもご紹介した通り、恋人や結婚相手を探したい人は通常のFBプロフィールとは異なる「デート機能専用プロフィール」を改めて作成しなければなりません。

そしてその専用プロフィールを見ることができるのは、同じく「デート機能に参加(オプトイン)して専用プロフィールを作成」した後さらに「イベント・グループに参加(アンロック)したデート機能参加FBメンバーのみ」に限られます。

また、FB側でマッチングを行ってくれるのですが、その時にあなたのフェイスブック上にいる直接の友達をデート相手の候補に選ぶことはなく(「友達の友達」はあり得ます)、あなたの直接の友達ではないユーザーとしかマッチングされないようになっています

そして例え友達もデート機能を利用して同じイベント・グループに参加していても、あなたがFB上で友達申請している人ならばマッチング表示されることはなく、マッチング表示されなければその人のプロフィールも見ることはできません。

このように友達にあなたが出会いを求めてFBを利用していることがバレない配慮がされているのでご安心ください!

個人情報は大丈夫なの??

プライバシー

友達にバレないという点はクリアになりましたが、フェイスブック自体が実名での利用がルールですし、プロフィールには居住地・生年月日・メールアドレス・学歴・趣味・友達リスト・コメント・写真など個人情報をたくさん記入することになります。そうなると個人情報の流出やプライバシー保護が心配というかたもいらっしゃるでしょう。

その場合は登録時にプロフィールを「公開」「友達の友達」「友達のみ」「特定の人以外」「特定の人のみ」「自分のみ」と細かく公開範囲を指定できるので、プライバシー設定をしておくと安心です。

さらに、Googleなどの検索エンジンから誰かがあなたの名前を入れても検索結果に出てこないように「非表示」に設定することもできます。

フェイスブックではこのデート機能を提供するにあたって最初からプライバシーと安全性を徹底的に追求したシステムを考えてきたそうですから、個人情報の面でも安心して参加できそうですね。

これならリスクもなさそうだし、フェイスブックで真剣に恋活・婚活できるなんてイイね!
…で、これは実際いつから利用できるようになるの?

それはまだ決定していませんが、2018年内にはテストを行って近日中に利用可能になる予定だそうですよ。

まとめ

ここまでフェイスブックの新たなマッチングシステム、「デート機能 Facedate」についてご紹介してきました。実際に利用可能になってからでないとより詳しい内容はわかりませんが、

・膨大な数のデータと登録者の中から自分に合う相手を探せる
・信頼性が高い
・サクラやなりすましなど騙される心配が少ない

といった点は今まで出会い系サイト等を利用されていたかたにとっても魅力ですよね。

利用料金もまだ発表されていないのですが、デート機能がもし通常のフェイスブックと同じく無料で利用できたら最高ですね!

合わせて読まれることが多い記事