1. ホーム
  2. 出会い
  3. ≫あなたは合コン向き?街コン向き??~合コンと街コンの違い・どちらがおすすめ?

あなたは合コン向き?街コン向き??~合コンと街コンの違い・どちらがおすすめ?

男女 飲み

出会いの場として昔から「合コン」が人気ですが、近年は合コン特有のわずらわしさがない「街コン」参加者も多くいます。

どちらも1対1ではなく複数の同性と異性が集まるという点は一緒ですが、合コンと街コンの違って何なのでしょうか?また、「今後に繋がる」という点において、どちらのほうがおすすめなのでしょうか?

このページでそれぞれの違いを理解したうえであなたに合うのはどちらかを見極めて、効率よく素敵な出会いを見つけてくださいね

「合コン」と「街コン」って一体どんなものなの?

合コンの意味

合コンとは複数の男女がひとつのお店などに集まって飲食などをしながら交流を深める「合同コンパ」です。
通常は男性側と女性側に1人ずつ幹事がいます。お互いの幹事が同性の友達・同僚・知り合いを同人数集めて、場所や日時をセッティングしてコンパが開催されます。

街コンの意味

街コンとは地域振興と婚活支援を目的に各地域や企業が主催する全国各地で行われている「街をあげてのコンパ」です。
通常同性2名以上で参加して、決められた時間内に指定された複数あるお店を自由に回ります。そこで同席した異性の参加者と会話をしながら飲食を楽しむというのが基本ですが、近年はひとつのお店を貸し切りにしたり、1人参加可能のイベントのほうが多くなっています。

スポンサーリンク

合コンと街コンの特徴や違いを徹底比較


一般的な合コンと街コンの特徴や違いをまとめてみました。

合コン 街コン
主催者 個人 団体・企業
開催時間 ほとんどが夜 日中も多い
出会える人数 数人~多くて5名程度 数人~数十人単位
会話時間 数時間 数分~数十分
参加者の関係性 知人の知り合い 全く知らない人
参加者の年齢層 幹事による 20~30代がメイン
参加費の相場 5,000円前後 7,000円前後
雰囲気 和気あいあい カジュアル

◆主催者の違い

個人が主催し、友人・知人を介して参加者を募る合コンは、友達から誘われる・または自分が幹事になって知人女性に「合コンしよう」と誘い、さらに同性の知人を集めて日時と場所を抑えない限り参加できません。

街コンは企業や団体が主催しているので、自分で興味のあるイベントを探して空きがあるものならば前日でも申し込め、当日開催場所に行けば参加できます。

◆開催時間の違い

合コンは社会人同士だと仕事終わりということがほとんどですし、通常お酒も飲みますから18時以降の夜開催が一般的です。

街コンはお店が空いている時間を狙った午後開催の場合が多いですが、それだと社会人の参加率が悪いために最近は夜開催の街コンも同じくらいあります。

◆出会える人数の差

合コンは個人が主催するので大人数だとメンバーを招集するのも場所を予約するのも大変です。ですから通常は男女2~3人ずつ、多くても男女合わせて10名程度です。ですから1回の合コンで出会える女性は多くても5名程度になります。

街コンは街の活性化を目指しているため多くの人に参加してもらいたいという意向があり、参加者は40~100名程度、大きなイベントだと数千人規模になります。通常指定されたお店が複数あってお店を移動すればそれだけ出会える人数も必然的に増えるため、頑張れば数十人以上の女性と会話をしたり連絡先を交換することも可能です。

最近はより小規模な街コンのほうがメインになりつつあります

◆参加者の年齢層の違い

街コンは男女とも盛り上げ役にもなれるノリの良い比較的若い年代の参加率が高めです。

合コンは女性幹事さんによってかなり違います。事前に「できたらこれくらいの女性がいいんだけど」と図々しくても好みのタイプや年齢層を伝えておくと、希望の女性を連れてきてもらえるかもしれません。

◆会話時間の差

街コンは地域内の指定飲食店を巡りながらそこで同席した異性と会話するので、1組との会話の時間は長くても数十分程度で、短いと本当に自己紹介くらいで終わってしまいます。

一方の合コンは、ひとつのお店で同じメンバーが通常2~3時間ゆっくり会話をして交流を深められます。

◆参加者の関係性の違い

合コンはもともと男女の幹事同士が知り合いですし、幹事の知り合いが合コンメンバーになるので、参加する人たちはみんな「知り合いの知り合い」ということになり、会う前に何となくどんなメンバーが来るかの情報も得られますます。

一方に街コンは、全く知らない女性と会話することになります。

◆参加料金の差

合コンは基本的に自分の飲食代だけですから開催されるお店のランクにもよりますが、通常の飲み会程度の料金です。ただ、ちょっとカッコつけたい幹事の合コンでは男性側が女性達の分も多少負担することになるケースもあります。

街コン(特に企業主催)は幹事役のスタッフに対しても人件費がかかるため合コンに比べて参加費が高めになることが多いです。しかもより多くの女性に参加してほしいという理由から女性の参加費は安い設定になっているので、その分男性の参加費が割高になります。ですが、女性の分も負担しなくてはという変なプレッシャーはなく、明朗会計です。

これらの違いは一般的な合コンと街コンの比較であり、現在は様々なタイプの街コンがあるためすべてのイベントがこれに当てはまるとは限りません

…で、結局「合コン」と「街コン」のどちらがおすすめ?

合コンと街コンの違いが分かったところで、ではどちらがおすすめかということになりますよね。

正解は…どちらもおすすめですし、どちらもおすすめではありません(苦笑)

正しくは、純粋に「出会いの場」として考えるならどちらもおすすめですが、そこはあなたの好みと性格上の向き不向きという問題になります。

では、あなたは合コン向きなのか街コン向きなのか以下のリストでチェックしてご自身で診断してください。

合コン向きなタイプ

・素性がしっかりわかっている人と安心して付き合いたいかた
・初対面の人たちと軽いノリで楽しむのが苦手なかた
・ある程度どんな女性が来るのか事前に知っておきたいかた
・一か所でゆっくりと話し、ひとりの女性と知り合いたいかた
・奥手で友達のアシストがないと自分をアピ―ルできないかた
・自分の容姿にも性格にも自信のないかた

街コン向きなタイプ

・初対面の人でもあまり抵抗なく会話ができ、ノリも悪くないかた
・短時間にできるだけ多くの女性と知り合いたいかた
・比較的自分から積極的に動けるかた
・素性がわからなく、実は既婚者や彼氏もちでという女性との出会いでも構わないかた
・幹事の友達、またはその友達だからと何かと気を遣いすぎてしまうかた
・出会いだけではなくおいしいグルメも楽しみたいかた

まとめ

女性と出会えるという意味では同じですが、似ているようで結構違いがある合コンと街コン。あなたにはどちらが向いているかわかりましたか?

どちらも微妙だというかたは、とりあえず両方体験してみると「こっちのほうが合っているな」とすぐにわかるはずです。

また、「自分は絶対街コン派だ」と街コンにばかり行っていたけれどいい出会いがなく、珍しく合コンに誘われて行ってみたら素敵な出会いがあったという人や、反対に「自分では合コン向きだと思っていたけれど、実際は街コンのほうが楽しめた」という人もいるので、気になるものがあれば合コンにも街コンにも気楽な気分で参加してみてください。

合わせて読まれることが多い記事