1. ホーム
  2. 男性向け記事
  3. ≫結婚相談所でありがちなトラブル例

結婚相談所でありがちなトラブル例

男性

意を決して結婚相談所に入会したのに

「全くいい人を紹介してもらえなかった」
「紹介してもらえたけど先方からOKがもらえず全く会えなかった」

なんてことになったら、せっかく高額な費用を払ったのに『損した・騙された』気分になりますし、それ以上に大切な時間も労力も無駄にしてしまいます。

もし信用できない結婚相談所に入会してしまったことに気づいたら、すぐに中途解約してください。法律で入会時に支払った金額の一部を返金してもらえることが定められているので、無駄に月会費を支払い続ける必要なんてありません。

でも中途解約しても返金額はどうせ一部だろうし、精神的な負担を考えるともっとツライよなぁ

そこで今回は結婚相談所で起こるよくあるトラブルをまとめてみました

このページを参考にして、あなたが入会を考えている相談所は大丈夫なのかを十分に吟味して、あなたに合った結婚相談所を慎重に選んでください。

ではさっそく結婚相談所で起こりうるトラブルを見ていきましょう

担当スタッフが入会前に訪問時のスタッフと違う

新人女性

どこの相談所でも入会前にサービス内容や成婚までの流れを説明してくれたり、相談所の様子が見学できる無料相談を受け付けています。そして結婚相談所に入会すると、会員一人一人に担当スタッフが付きます。

入会前の相談時のスタッフの対応が良くて、「このスタッフになら自分のことを任せられるかも」という気持ちで入会したとします。でも実際に担当になったスタッフは相談時の人とは違う頼りない新入社員。。もちろんろくにアドバイスもしてくれないし、何のフォローもなし―――これでは婚活もうまく進むはずがありません。

結婚相談所は担当スタッフと二人三脚で進めていくものなので、担当スタッフとの相性がとても重要です。担当になるスタッフだけは絶対に入会前に確認しておきましょう。

スポンサーリンク

希望の相手を紹介してもらえない・誰とも出会えない

無

結婚相談所でのトラブルで一番多いのが
「こちらの希望を伝えているのに全く違う人を紹介される」
「紹介された人とのお見合いを申し込んでも断られてばかりで結局誰とも会えない」

というケースです。

一般的な結婚相談所では入会時に入会金と初期費用を支払い、その後は毎月「月会費」を支払います。悪質な相談所はこの月会費をできるだけ長くもらおうと婚活期間を延ばすためになかなか会員の希望にに沿った相手を紹介しなかったり、真剣にサポートをしないケースもあります。

低価格をウリに入会させてプラン変更させる

騙す男性

結婚相談所というと、どうしても「高い」イメージがつきものです。そこで低価格のプランを提案すれば「結婚相談所には入会したいけどお金が…」という人にとっては大きな魅力となります。

このようにして入ってきた会員に
「このプランだとご紹介できる人数に限界がございます」
「今の契約ですと参加できるイベントに限りがございます」

などと言って、徐々に高額なプランへと変更させていく手口の相談所もあります。

あまりに「低価格」ばかりを謳っている相談所は要注意です

スタッフがただの連絡係

やる気のない男性

会員データベースから自分で好みの異性を検索してお見合いを申し出るというサービスで起こりやすいのですが、この場合スタッフは相手の担当スタッフにお見合い希望の旨を伝えて、相手がOKならお見合いをセッティングします。

デキるスタッフの場合、もし相手がお見合いを渋ってもあなたのことをアピールしてお見合いできるようにサポートしてくれるものですが、やる気のないスタッフだと何もせずに「お見合いお断りされました~」とあなたに伝えるだけです。

これではただの連絡係でフォローもサポートも全くしてくれないので、婚活サイトやマッチングアプリで婚活したほうがマシです

スタッフが自分の言うことを全く聞いてくれない

上から指示

これは特に経験豊富な実績のあるスタッフに多いのですが、こちらの希望や意見を伝えても「それではダメです」「そこは変えてください」など全く聞く耳を持たずに、「私の経験だけが全てだ!自分の言うとおりにしていればうまくいく!」と言わんばかりにアドバイスではなく強制的に指示してくる人がいます。

あなたにも譲れない点もあるでしょうし、上から目線で指示ばかりされていては気分よく納得のいく婚活はできません

成婚まで進めない原因を会員のせいにする

女性

結婚できない男女をどうにか成婚までもっていくのが結婚相談所のスタッフの役目です。それなのに「なかなか交際までいかない、成婚までいかない」と相談に行っても、「それはあなたが悪い」と会員自身に非があるような言い方をする相談所もあります。

例えそうだとしても、一緒に原因を探ってフォロー・サポートするのが相談所の仕事なのですから、もしそんなことを言われたら「あなたの能力不足でもあるんじゃないですか?」と言い返してすぐに解約しましょう!

入会前の説明と違う

男性

入会前の事前説明で「会員の質は高く、ご希望通りのかたが揃っています」なんて言われたので契約してしまったら、
「このレベルのかたの紹介には別途料金がかかります」
「こちらのかたとのお見合い希望でしたら個別のお見合い料が発生します」
と言ってきたり、

まだ結婚も決めていないのに、「交際後2か月経過したら成婚とみなされますで成婚料をお支払いください」と契約時には聞いていなかったことを言ってきて、何かとお金を払わせようとする相談所もあります。

まとめ~結婚相談所のトラブルに遭わないためにすること

結婚相談所でトラブルに遭わないためにも、嫌な思いをしないためにも、入会前に気になる点はしっかりと確認しておくことが一番大切です。

最低でも

  • 契約書の内容(特にその相談所独自の規定)
  • サービス内容の細かな範囲
  • 料金の設定、追加の支払いの有無
  • 中途解約時の手続きや返戻金
  • 休会時は料金が発生するのか
  • 自動更新があるのか
  • 入会前の説明スタッフと実際の担当スタッフは異なるのか

はしっかりと確認してください。

また、その他でもこのページでご紹介したトラブル例で「ココは心配だな」と思う点は「もしこんなことが起こったらどうなりますか?」と、恥ずかしがらずに徹底的に不安材料をなくしてください

納得できない点があったのに事前相談で強く入会を勧められたからといって即日入会ぜず、必ず全ての不安が取り除けるまでは契約書にサインをしないようにしましょう。

そして万が一トラブルが起こってしまって対処できずに困ったら、全国にある国民生活センターに相談してくださいね

合わせて読まれることが多い記事